悲しい思い出を 肩に隠して 


            おまえは歩き出す 一人きりの人生を



            

            甘いなぐさめなど 今は 背中にしみるはずもない


            苦い涙がこぼれたら 気づかぬふりを してやるだけさ

            





            泣きたいときにも 泣けない日がある


            おまえの苦しみも 人に言えない日があるさ



             

            何も見えない 闇の中は もとめる夢も 見えはしない


            今のおまえに できることは 歩きつづけることだけさ






            あしたは あしたの 陽が昇るだろう


  

            おまえも きのうには もう戻れや しないのさ




            見知らぬ川の 行く手にも


            よどみや 滝があるだろう


            それでも 海が見えるまでは




            流れ続けて ゆくものなのさ